2018年10月14日 (日)

奈良へ飲み会参加

オーナーズクラブのメンバーさんの多くは春と秋の年2回開催される全国ミーティングの時にしか会う事が出来ないのですが、今回埼玉のメンバーさんがお仕事で奈良に来られていると言う事で奈良まで向かう事にしました。

奈良駅と言えば地平ホーム時代しかイメージが無いのですが現在は立派な高架駅になり地平ホーム時代の駅舎は観光案内所として今も残されています。

そんな奈良駅に降り立つのはかれこれ35~6年ぶりかな?奈良=鹿と言う事で、構内には記念撮影用のパネルが置かれていました。

R0016623

駅前のコンビニで3名集合し、奈良公園へと向かう三条通りでお店を物色、「ならめし」と書かれた看板に惹かれて奈良料理のお店が有りこちらに決定。

R0016622

奈良のお漬物や大和地鶏、大和豚を用いた料理等、たくさん有ります。

こちらはお漬物のセット、器も楽しむ「和」のテイストも良い感じです。

R0016615

取り皿はナント大仏の手を模したお皿、いかにも奈良らしいチョイスです。

R0016616

左に写るのはアコモの大好物で有る(大和地鶏を用いた)鶏の唐揚げ、右には奈良野菜のサラダです。

R0016617

海の無い奈良県ですが隣は天下の台所の大阪府、関東ではコウイカ等が主力で剣先イカは希少なんだそうで食文化の違いの話題でも盛り上がりました、しじみも関東は黒で関西は茶色が良く用いられますね。

R0016619

アコモはお酒が飲めないのでウーロン茶オンリーでしたが、ほかの両名は奈良の日本酒に舌鼓を打っていました。

話の話題はやはりバイクが中心、古いバイクなので整備や部品の補修や確保、ツーリングや全国ミーティング等がメインで大盛り上がり。

あっと言う間に4時間近く滞在し、埼玉のメンバーさんはホテルに向かわれるので奈良駅でお別れ。

駅の改札を抜けて帰る方向が逆の大阪のメンバーさんとお別れ、行き先案内板を見ると日中は大和路快速のみですが深夜帯になると普通列車も混じり途中駅での緩急接続も無し、天王寺での乗り換えも待ち時間が10分以上と接続が悪い…

日中だと数分おきに出ている列車も23時台ともなると15分や20分に1本とローカル線並み、日付が変わってしまい自宅に戻ったのは24:18でした。

翌朝はいつもの5:45に起きられず6:00に起床、流石に寝不足と言った感じで身体がダルイ…でも飲み会楽しかったなぁ~♪

2018年10月13日 (土)

リヤスピーカーの交換

車のリヤスピーカーを交換します、ノーマルでもホログラフィックサウンドシステムと言う少し凝ったシステムが搭載されているのですが私的には全然不満…

特にフロント側を交換してからはリヤが品疎と言うか、粗が目立ってしまいました。

使用するのは1990年購入ですから、かれこれ28年も前のスピーカーで今となっては"年代物"のような状態となっていますが、古いのは外観だけで中身は少しずつ交換しています。

例えばこのスピーカーのウリだった16cmウーハー、エッジの部分が朽ちてボロボロ…こちらはフルレンジのものを加工して交換していますし、他にもネットワークのコンデンサーを交換したりして"生命維持"を図っています。

P1080430_2

今までトランクの無い車が続いていたのでリヤは比較的簡単な作業だったのですが、今回はトランクが有るタイプなので作業的にはちょっと大変です。

先ずは後席の座面部分を取り外します。

P1070048

次は背もたれの部分、取り外すと意外に大きく置き場所に苦労させられます。

P1070050

そしてスピーカートレイの取外し、これでようやくリヤスピーカーにアクセス出来ます。

P1070051

取り外したスピーカーユニットはこんな感じ、右側スピーカーユニットにスーパーウーハーをドライブするアンプが一体となっています。

P1070056

左右の信号は一旦この右側アンプに入り、低音域と分割され2つのスピーカーへと配線されるようになっているのでコネクターの数が多いのですが、分割される前の信号だけを取り出して配線し作業終了です。

こちらはリヤウインドーから、ガラス越しにKENWOODの文字が見えています。

配線するとスモールランプ点灯時にこの文字が緑色に光るようにする事も出来るのですが、ちょっと派手かな?と言うのと配線が面倒なので今回は見合わせました。

P1070061

室内からはこんな感じ、リヤウインドーが思ったより低くギリギリ収まったと言う感じです。

P1070063

早速お気に入りの曲を聴いてみると劇的に良くなっている事が分かります、でもまだまだと言う感じなので、また折を見て作業しようと思います。

2018年10月 8日 (月)

フロントフォーク小改良・右スイッチ固定金具製作

秋の全国ミーティングが終わって2週間、この3連休は当初泊り掛けのツーリングを計画していたのですが、初日が雨でしかも東方向だったので雨雲を追いかけるパターンとなる事から断念。

更に夏に戻ったのかと思うほどの気温30℃オーバーで昨日も今日も暑い…

もっともお尻の具合がまだ良くならない(早く引っ込んで欲しい^^;)ので、バイク君に乗るのは出来るだけ控える方向としました。

それなら作業だけでもと、やろうと思っていたフロントフォークの小改良をする事にしました。

フロントフォークはセッティングを見直している過程で、全国ミーティング時にもセッティングを変えてみたのですが以前よりも走りにくくなってしまい今回リセッティング。

内部パーツの追加でフィーリングが良くなったとの情報を頂いていたので、メンバーさんの真似をする事にしました。

まずはトップキャップを開けて…

P1070013

アッパープレートを外すとスプリングが見えて来ます。

P1070014

レースを入れます。

P1070017

そしてベアリングを入れます。

P1070016

先ほど入れたのと同じレースを入れてアッパープレートを乗せてトップキャップを締めます。

次にハンドル右側に取り付けていたオイルクーラーファンのスイッチBOXですが、ヘルメットロックを変更した事により今までの金具が使えなくなってしまいました。

マスターシリンダーの取り付け穴はボルトの穴とハンドルのパイプまでが僅か2mmしか許されず、ペラペラに素材ではクラックが入ったりするので肉厚2mmのものを用いました。

手持ちの金具を鉄ノコで切ってやすりで仕上げました、分厚いので切ったりする時は苦労しますがしっかりと固定出来そうです。

P1070019

取付はこんな感じ、操作し易いようにと手前側にオフセットさせたのですが、カーナビと接触する事が判明し今度はカーナビや無線機、油温計を取り付けているプレートを10mm嵩上げ。

それでもカーナビが接触するのでカーナビだけさらに10mm嵩上げして、ようやく接触しなくなりました。

ハンドル周りは色々とゴチャゴチャしているので、一箇所でも飛び出すと全体を見直さなければならないようです。^^;

P1070024

あと画像は有りませんがオイルクーラーの取付位置を若干変更、その後テスト走行を兼ねてGSへ給油、特に問題は無さそうです。

1つ1つの作業は大した事無いのですが、色々としているうちに日が落ちてしまいました。

夕食の材料を買いに行くとスーパーで「山賊焼き」が売っていたので即購入、ナカナカ美味しかったです。

P1070012

2018年10月 7日 (日)

食器乾燥機を買い替え

故障したのは8/14、スイッチを入れてもウンともスンとも言わなくなり、帰宅後分解するとヒーターユニットの中が断線している事が判明。

気温の高い日々が続いていたのでヒーターが無くても充分乾いていたのでそのままにしていたのですが、秋雨前線が南下して暑さもピークを超えたので修理するなり買い換えるなりとアクションを起こさないといけません。

部品は出るようなら修理しようかとも思ったのですが、購入したのが92年と26年前…もう26年も使えば本望でしょうと買い換える事にしました。

P1060886

最近はネットショップが最も安いと言う事も無く家電量販店の方が安い事も多々有り、今回も色々と調べてみるとポイントを含めると家電量販店の方が安い事が分かり、こちらで購入する事にしました。

P1060889

今度のは全身シルバーで良い感じ、これは何年持つのだろう…最低でも四半世紀は持ってもらわないと…^^;

P1070021

2018年10月 6日 (土)

右ヘルメットロックの取替&ワンキー化

台風一過で良い天気となって衣替えも有り、今年は秋が深まって行くのを実感させられる10月になりそうですが、雨や立て続けに台風接近…秋らしいと言えば秋らしいのですが休みの度に雨が降るのは何とも…^^;

今日も朝から雨…三連休初日なのになぁ~とブルー入りますが、お尻の出口に有る腫れ物もまだ引っ込まず「休みなんだから養生せぃ!」と言われているのかも…

午後からは雨も上がったので少し作業をする事にしました。が、台風が北寄りのコースを取り夏の空気を運んで来てしまい大阪は30℃オーバーで着ていたTシャツも汗ビッショリになりました。

ハンドルの左右にマスターシリンダー共締めのヘルメットロックを取り付けているのですが、右側のものにはミラー取付穴が付いていないので交換をします。

P10608692

今回、取り付ける物は2015/9/13に左側に取り付けたものと同じキタコのヘルメットロックです。

P1060848

今までもそうだったのですが、鍵が3つ持ちになってしまうんですよね。

幸いバイク君のイグニッションキーとヘルメットロックの鍵の規格は同じなのでワンキー化します。と、作業開始したのですが…付属のキーを見て凍りつきました。

確かに元々左に取り付けていた物は規格が同じなのですが、新たに購入したものはサイズこそ同じ規格ですがぬわんとキー溝がバイク君の逆!海外仕様はこのテが多いのですがバイク君は国内仕様で見事に逆!!ん~オワタ…

確率としては50%なんでしょうけど何と運の無い事か…

(メーカーに電話してもロットによりけりなので選べませんと一蹴されるのは分かっているので)こうなれば自身の「目」で判断する他ありません。

某オートバイ用品店で物色…あーでもない、こーでもないと色々な角度でパッケージを見て、ようやく同じ方向の溝のキーに出会いましたが、汎用ではなく1,000円ほど高いナンバーサイドタイプ。

まぁ、仕方ないですね、安いと言っても通販で買ったとしても同じ方向の溝のキーが届く可能性は50%ですけど、確実に同じ方向の溝のキーを手に入れられたのですから…

でも色々見た結果、キーの溝方向の左右は50:50ではなくロットの時期も有るのでしょうけど握り手を上にして圧倒的に左の物が多くアコモは80:20くらいに感じました。

防犯上の問題で方法等は自主規制、イグニッションキーで左右のヘルメットホルダーを開錠出来るようにしました。

こちらは左側、

P1060872

そして右側。

P1060873

イグニッションキー→メインスイッチ、燃料タンク、シートロック、純正ヘルメットホルダー、左右ヘルメットロックの開錠が可能
左ヘルメットロックキー→左ヘルメットロックのみ開錠可能
右ヘルメットロックキー→右ヘルメットロックのみ開錠可能

結果的に高く付きましたけど、これも整備の授業料と言う事で…^^;

P10608772

長年所有していても、まだまだ改造する所が多いバイク君、手を入れる度に自分好みの仕様になっていくのが嬉しい所です。

«オイルクーラー上部取付金具の製作