« スクーターの自賠責保険更新 | トップページ | スクーター47回目の給油 »

2018年1月14日 (日)

トランクのダンパーゴム交換

トランクを室内のレバーで開けて車を降り、ドアを閉めると同時にトランクが閉まってしまう…

又、ちょっとした下り坂でも駐車してトランクを開けて暫くするとトランクが勝手に閉まる…

前者はダンパーゴム、後者はガスショックロッドの交換で解決しますが、今回は(お金のあまり掛からない)前者を解決します。

まぁ、ドアさえ閉めなければトランクが閉まる事は無いのですが、慣例的にどうしてもドアを閉めてしまうのでとても不便です。

レバーでトランクを開けると、これだけしか浮き上がりません。

P1060052

そしてこれが犯人のダンパーゴム、経年劣化で硬さを失い変形し高さが稼げなくなり、ちょっとした衝撃でも簡単に縮んでロックが掛かってしまいます。

P1060053

ダンパーゴムを交換します、左が取外し品で右が新品、画像下側の突起の高さが全然違います。

P1060054

交換後はこんな感じです。

P1060058

車内のレバーでロックを解除すると…

P1060060

以前よりリフト量が多くなり、ドアを閉めてもロックが掛からなくなりました。

P1060061

ちょっとした事ですが、こんな感じで少しずつ整備を進めて行きたいと思います。

84840-AA100(540円)×2=1,080円

ちなみにリヤウイング付きは84840-AA110ですが、部品統一されて110でオーダーしても100しか来ないみたいです。

« スクーターの自賠責保険更新 | トップページ | スクーター47回目の給油 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スクーターの自賠責保険更新 | トップページ | スクーター47回目の給油 »